ロコモ チャレンジ!とは

日本ロコモティブシンドローム研究会について

日本整形外科学会で2007年からロコモティブシンドロームの研究が始まったことを受け、運動器の専門家以外の医師の先生方や医師以外の方にも、運動器を専門とする者の高齢化社会における運動器障害への心配と決意を理解していただくべく、ロコモティブシンドローム研究会は設立されました。

研究会メンバー

厚生労働省の推計によると、日本においては今後2025年までに高齢者人口が増え続けて現在の1.5倍になり、その後ほぼ定常状態になるとされています。
従って、高齢者の運動器の問題もそれにともない重大になってきます。
本研究会は、その2025年にまだ65歳に至っておらず、高齢者の医療を現役で担っているであろうメンバーを中心に構成されました。

氏名 専科分類 病院名
委員長 大江 隆史 整形外科医
手の外科医
NTT東日本関東病院
委員 岡崎 亮 骨代謝内科医 帝京大学ちば総合医療センター
委員 澤田 泰宏 運動器細胞学者 シンガポール国立大学
委員 税田 和夫 整形外科医
脊椎外科医
自治医科大学附属さいたま医療センター
委員 福井 尚志 関節疾患研究者
膝の外科医
相模原病院臨床研究センター
委員 芳賀 信彦 リハビリテーション医 東京大学リハビリテーション部
委員 井口 浩一 外傷整形外科医 埼玉医科大学総合医療センター
委員 下赤 隆 整形外科開業医 下赤整形外科クリニック
委員 仲村 一郎 リウマチ医 湯河原厚生年金病院
委員 竹田 秀 骨代謝内科医 東京医科歯科大学
委員 茶木 修 骨代謝研究者
産婦人科医
横浜市立大学付属病院
委員 国崎 玲子 骨代謝研究者
消化器内科医
横浜市立大学総合医療センター
委員 渡會 公治 スポーツ整形外科医
運動療法研究者
東京大学大学院総合文化研究科身体運動科学
委員 石橋 英明 整形外科医 医療法人一心会 伊奈病院
顧問 中村 耕三   国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局長

連絡先

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-9-22
NTT東日本関東病院 大江 隆史