「ロコモ」を調べて予防しよう

ロコモ度テスト - 立ち上がりテスト

このテストでは下肢筋力を測ります。片脚または両脚で、決まった高さから立ち上がれるかどうかで、程度を判定します。

立ち上がりテストの方法

台は40cm、30cm、20cm、10cmの4種類の高さがあり、両脚または片脚で行います。

無理をしないよう、気をつけましょう。テスト中、膝に痛みが起きそうな場合は中止してください。反動をつけると、後方に転倒する恐れがあります。

参考:村永信吾:昭和医学会誌 2001;61(3):362-367.

測定結果:左右ともに片脚で立ち上がれた一番低い台の高さを測定結果とします。40cm台において、片脚40cmでの測定値でも立ち上がれなかった場合、両脚で立ち上がれた一番低い台の高さを測定結果とします。
判定方法:測定結果が「各年代での立ち上がれる台の高さの目安、及び、それより良い値」の場合、年代相応の脚力を維持していると判定します。

ロコモ チャレンジ!推進協議会ロコモ度テストワーキンググループ調査資料