お知らせ

イベント情報

グアムにおけるロコモティブシンドローム講演と実演

亀田総合病院の村永信吾部長(理学療法士・医学博士)が、6月26日から29日にかけてグアムで開催された第40回APNLC(American pacific nursing leader council)に招待され、ロコモティブシンドロームの講演と実演を行いました。この会は、American Samoa、Chunk、Kosrae、Hawaii、Republic of Marshall Island、Republic Palau、Phonpeinなどのミクロネシアの島々の看護リーダーが集う会議です。

運動器を考慮した適切な運動指導の在り方は、これらの地域でも共通の課題であり、地域の健康づくり推進対策として今回紹介した簡便でコストもかからないロコモ度テスト(立ち上がりテスト、2ステップテスト、ロコモ25)が注目を集めました。

立ち上がりテストなどの実演を、日本と同じようにみな笑顔で楽しそうに行っていた様子が印象的であったと村永部長は語っています。(2018年6月)


locomo-apnlc.jpg