ロコモQ&A

ロコモに関するお悩みをアドバイスドクターが解決!

ジョギングを健康のために続けていますが、走りすぎると膝を悪くしかねないと聞きました。太ったり運動不足になることを防ぐためにできたらジョギングを続けたいのですが、どうしたらよいでしょうか。

20代

女性

ジョギング愛好家のスポーツ障害では膝周囲の痛みが最も多く、約50%が膝の痛み、次に足が18%、下腿が10%となります。

女性は男性に比べて膝痛が起こりやすく、長期化することも多いのですがX線検査やMRI検査では異常が見られない患者さんが半数以上です。
最近は中高年者のランニングブームで変形性膝関節症による痛みで来院する人も増えています。また若い女性では膝蓋軟骨軟化症が多く膝の前面に痛みが出ます。男女共通疾患では腸脛靱帯炎、膝蓋靱帯炎、鵞足炎など腱の付着部の障害が多くこれらは圧痛部位で診断可能です。

発症原因としては、マラソン大会などにエントリーして急に練習量を上げるなどの練習過多、フォーム不良、下肢筋力の低下や柔軟性の欠如、下肢のアライメント不良、すり減ったランニングシューズ、硬い道やアップダウンなど走路の問題などが複雑に絡んでいます。

予防策としては、ランニング量は徐々に上げていき、走り出す前のウオーミングアップやストレッチ体操などを心がけること、異常を感じたら無理をせず練習量を減らしアイシングなどをして下さい。
それでも痛みが続くときは整形外科医にご相談下さい。

回答者

佐藤 公一

ロコモ チャレンジ!推進協議会 委員
医療法人社団 順公会 理事長、佐藤整形外科 院長