• 活動レポート

第33回転ばぬさきの体操教室「こどもたちのスポーツ障害予防の実践」

2021.1.7 1600-1700
場所 市内中学校体育館
参加人数 生徒40名、指導者10名

さて、世の中色々と大変なことになっておりますが2021最初の体操教室を行ってまいりました。今回は「密」を避けて、私が学校医を仰せ使っている中学校の体育館をお借りし広々とした「疎」な空間で行いました。放課後の時間帯で気温は低めでしたが窓やドアも開放で運動で温まっていただきました。参加者は40名ほどで、当院に一番多く来院される「運動しすぎこどもロコモ」の代表の陸上部をターゲットに「痛むときはどうしたらいいのか」「スポーツドクターの役割」「整形外科でどのように判断していくか」「完全休養せずに痛みに応じた運動方法の指導」「どのように予防するか」を講義15分と実践45分で行いました。こどもたちへの予防ストレッチの指導だけでなく、運動部顧問の先生方とも密接な関係づくりができたのでスポーツ下での外傷や障害が発生した時は密に連携して、子ども-保護者-指導者-医療者の輪をガッチリと回転させてスポーツ医としてのロコモ予防活動をしていきたいと思います。今後も他のクラブ活動や他の学校にも出向いて細々とした啓蒙活動をしていきたいとおもおいます。

アドバイス

大数加 光治
  • おおすか整形外科 院長