あなたももしかしてロコモ?

「ロコチェック」を使って簡単に確かめることができます。
7つの項目はすべて、骨や関節、筋肉などの運動器が衰えているサイン。
1つでも当てはまればロコモの心配があります。
該当項目ゼロを目指してロコトレ(ロコモーショントレーニング)を始めましょう。

1.

片脚立ちで靴下がはけない

2.

家の中でつまずいたりすべったりする

3.

階段を上がるのに手すりが必要である

4.

家のやや重い仕事が困難である
(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)

5.

2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
(1リットルの牛乳パック2個程度)

6.

15分くらい続けて歩くことができない

7.

横断歩道を青信号で渡りきれない

診断結果

あなたのチェック数は

4/7つ中

1つでも当てはまれば運動器が衰えているサイン。ロコモの心配があります。

0を目指して、ロコトレ(ロコモーショントレーニング)を始めましょう。ただし、腰や関節の痛み、筋肉の衰え、ふらつきといった症状が悪化してきている場合は、まず医者の診察を受けましょう。診察の際はぜひ問診票をお持ちください。