あなたがロコモであるか調べる方法、それがロコモ度テストです。
(1)立ち上がりテスト(2)2ステップテスト(3)ロコモ25の3つのテストがあり、
各テストのどれかひとつでも該当する場合、あなたはロコモです。
移動機能が低下していますので、運動をしたり、医療機関を受診するなどして改善に努めましょう。

  • ※ 移動機能とは、立つ・歩く・走る・座るなど、日常生活に必要な“身体の移動に関わる機能”のことです。

ロコモ度判定方法

年齢に関わらず、各テスト項目のうちひとつでもあてはまる場合は、
「ロコモ度1」あるいは「ロコモ度2」と判定されます。
ロコモ度テストの結果から、「ロコモ度1」「ロコモ度2」に該当していないか確認してみましょう!
定期的にロコモ度テストを行い、移動機能の状態をチェックしましょう。

判定結果

ロコモ度1
移動機能の低下が
始まっている状態です。
筋力やバランス力が落ちてきているので、
ロコトレ(ロコモーショントレーニング)を始めとする運動を習慣づける必要があります。
また、十分なたんぱく質とカルシウムを含んだバランスの取れた食事を摂るように気をつけましょう。
立ち上がりテスト
どちらか一方の片脚で
40cmの高さから
立ち上がれない
2ステップテスト
2ステップ値が
1.3未満
ロコモ25
結果が
7点以上
ロコモ度2
移動機能の低下が
進行している状態です。
自立した生活ができなくなるリスクが高くなっています。
特に痛みを伴う場合は、何らかの運動器疾患が発症している可能性もありますので、
整形外科専門医の受診をお勧めします。
立ち上がりテスト
両脚で20cmの高さから
立ち上がれない
2ステップテスト
2ステップ値が
1.1未満
ロコモ25
結果が
16点以上